Real estate

注意点

賃貸を借りるときの注意点

賃貸契約をするときに大事なのが、契約書とともに重要事項説明書をよく読むことです。重要事項説明書は、賃貸契約をする際に渡される書面です。契約書とは別にあり、大事な条件が記載されています。それに捺印署名をすることで、書面に記載されてある条件すべてに合意したとみなされます。 賃貸トラブルの多くは、「聞いてなかった」「知らなかった」という思い違いから起こります。しかし、重要事項説明書には必ずすべての約束ごとが記載されています。それをよく読むことでトラブルを回避できます。 納得がいかない点は不動産屋を通して家主と交渉し、上手くいかなければ契約するのを止めることもできます。サインをする前なら契約を取りやめるのは自由です。

敷金を多く返してもらうために

賃貸から退去するときに多くの敷金を返金してもらうために、やっておいたほうがいい事があります。まず入居時に気になる箇所はすべて日付つきの写真におさめておくことです。フローリングについた傷、クロスのちょっとしたシミ、シンクのさびなどです。そうしたちょっとしたことでも、退去するときに自分がつけたものと思われて修理費を請求される可能性があるからです。 住んでいる時も床や壁や設備に傷をつけたりしないように、注意して生活することが大事です。フローリングにはカーペットを敷くと傷がつくのを防ぐことができます。また、壁には貼ってはがせる賃貸用のテープなどを使えば、画鋲を刺さなくてもカレンダーやポスターが貼れます。