Real estate

入居審査の内容

賃貸物件に入居する際には、入居する為の審査があります。申し込み書に必要事項を書き入れた後、大家さんに承諾を受けた上で入居出来るのです。その前に入居する意思があるかどうかの確認として申込金がかかることがあります。申込金は家賃の1カ月分程度の金額になります。不要な場合もありますが、審査が通過しなかったら返還され入居できることになったら初期費用の一部に充てられます。基本的には安定した収入があるかや家賃を支払えるだけの返済能力があるかどうかなどがみられます。連帯保証人となる方の審査もあります。入居審査に通過しましたら、賃貸契約の手続きへの移行します。

賃貸契約を結ぶのには連帯保証人の方が必要となります。事情があって連帯保証人の方が準備できない方も中にはいます。そうなると賃貸契約をすることができないのですが、そのような方向けに家賃保証会社があります。家賃保証会社は連帯保証人を立てることができない方の代わりに、代わりに保証人になるシステムです。保証会社を利用するには審査があります。とくに保証会社の審査は厳しく、過去のローンの返済状況を確認するために信用情報機関に問い合わせをしたり、勤務先への電話での在籍確認、収入証明書の提出が求められることがあります。審査に通過しましたら保証料が利用するためにかかります。家賃がの支払いができない場合は立て替えてくれますが後日請求がきます。